Loading

ブログ

お腹が空いたときはなぜ脂肪燃焼のチャンスなのか?

「腹減った。」

と、ダイエットをスタートさせた
男性の受講生さんから
つぶやくようなお悩みを頂きました!

とてもシンプルなお悩みですね!

受講生さんは
今まで食べすぎていたことに気付き、
食事量を30%ほど減らすことに
決めて行動し始めました。

さらに
今までは好きな時に間食もし放題でしたが
3食をしっかり食べて間食をしない
食生活に切り替えました。

空腹時間が増えるため
お腹が空いたと感じる時間も
長くなります。

しかしながら
空腹感を感じることが
辛いのだと言います。

そうですね、
その気持ち、わかります。

今までと異なる食生活に
脳も体も慣れていないのかもしれません。

では、
どうしたら空腹感を
楽に乗り越えられるの
でしょうか?

それは、

「脂肪燃焼のメカニズムを知る」

ことが大切です!

脂肪燃焼のメカニズムとは
体の中に貯まっている
脂肪はどのように燃焼されるのか、
その理論を知識として
理解するのです!

理論的に理解するからこそ、
正しい行動をすることに
意識が向きます。

では

具体的にどのような理論かと言うと、

空腹時は

「今、脂肪が燃焼されている!」

という時間なのです!

空腹時は、グルカゴンという
ホルモンが分泌され
体内に貯めているエネルギー源を
分解する仕組みが働きます!

つまり、空腹時こそ
脂肪が燃焼されています!

空腹時におやつや甘いものを
とってしまうと

 

外部からエネルギーが得られるため
血糖値が上がり、

体内の脂肪を分解して
エネルギーに変えるという
体の仕組みが怠けてしまいます!

つまり、
体の仕組みを科学的に
使っていくことが大切なのです!

お腹が空いたときほど、

”脂肪燃焼のチャンス”

だと思うと

楽しく乗り越えることが
できるでしょう!

あなたは、お腹が空いたとき、
どんなマインドでいらっしゃいますか?

関連記事

  1. 気持ちが落ち込んでしまってできなかったときの大切な考え方
  2. 横腹についた皮下脂肪を落としてくびれを作る方法
  3. GW中に食べ過ぎても太らなかった秘訣
  4. 「けっこうブレる」体重を正しく測るタイミング
  5. あなたの中のナイトを仲間にしてやせる方法
  6. その②「やっぱり、野菜から先に食べたほうがいいんですか?」僕の考…
  7. ある“思い込み“を使って ダイエットに成功する方法
  8. ストレスでお菓子を食べてもやせられる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP