Loading

ブログ

ストレスでお菓子を食べてもやせられる方法

「ストレスでお菓子を
食べすぎてしまいます。

なんとかしなきゃと
思っているのですが
難しくて。」

というお悩みを頂きました。

まずはそのお気持ち、
とてもよく分かります!

僕自身もそうだったので・・・。

1日の仕事が終わるとコンビニに行き
肉まんだとかコンビニスイーツを買って
ほおばりながら帰宅する、

そんな日常でした。

ストレス解消が
おやつを食べること
だったんですね。

お腹がすくとお菓子を
探して食べていました。

そして

「また食べてしまった」

と罪悪感を感じ、
それもストレスに
なってしまっていたように思います。

今では、
ストレス解消のために
お菓子を食べるということは
やめることができました。

それができたのは、
あるシンプルな
考え方のチェンジでした。

それが何かと言うと、

「お菓子を喜んで食べるために
ルールを決める」

ということ。

お菓子は食べても良いのです。

ただしルールを順守する

例えば、

①1日のカロリーを計算して
目標値内なら喜んで食べる。

②ご飯を食べた後に
お菓子を喜んで食べる。
お腹がいっぱいなら食べない。)

③友達と出かけたときなど
楽しい場では喜んで食べる。

といったルールです。

このルールを守れば
食べていいのですから、
ストレスなくできて
継続できています。

お菓子を喜んで食べるために、
ルールを守って行動する。

食べちゃダメだと考えると
辛いです。

「タガが外れたときに
一気に崩れた」

という方を何人も
見てきました。

甘いものを食べると
ドーパミンが分泌されるので、
報酬系が働きます。

その報酬を得たいと
脳が思います。

お菓子を食べちゃダメという
ルールにした場合、
そのルールを守ることによって、
お菓子は食べられない、
つまり報酬がもらえないことになります。

これはストレスを感じさせます。

しかし、

「ルールに従えば
報酬がもらえる」

と脳と身体が思えば、
その行動をとろうというように
自然に変わっていきます。

「パブロフの犬」という
実験が有名ですが、
報酬がもらえるか
もらえないかによって
体は勝手に学習し反応します。

人間も動物。

ルールを守れば
報酬がもらえるのだということを
自分の体に覚えさせるのです。

そうすると、
自分自身の行動を
楽に変えていけることが
できるようになります。

ほんのちょっとした
ルール設定の違いで
大きく変わります。

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

どんなルールにしたらいいか
分からなくなったら
誰かと一緒に考えることが
お勧めです。

あなたの取り組みを
心より応援しています。

関連記事

  1. なぜダイエットが続かないのか?
  2. 「やろうと思っているけどできてない」ことがスムーズにできてスリム…
  3. 気楽に毎日続けられてやせる方法
  4. 気持ちが落ち込んでしまってできなかったときの大切な考え方
  5. 家でアルコールを飲んでもやせる方法
  6. 見本紙が届きました!
  7. その②「やっぱり、野菜から先に食べたほうがいいんですか?」僕の考…
  8. 「やっぱり、野菜から食べたほうがいいんですか?」その①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP