Loading

ブログ

怒りでストレス!でも食べ過ぎを抑える方法

「嫌なことがあったんですよ!

自分が不当に非難されたんです!

ストレスで食べてしまいました!

そんなときはどうしたらいいですか?」

と怒りの混じった口調の相談者さん。

相談者さんは仕事で嫌なことがあり、
大きなストレスを感じていました。

頑張っているのに
認めてもらえないばかりか
不当に非難されていると感じて
腹が立っていらっしゃるのです!

しかし、心優しい相談者さんは、

「他人を責めてはいけないと思ってます。

原因は自分にあるので、
自分が直さなければいけないということは

分かっているのですが・・・」

と、肩を落とす相談者さん。

自分で責任をとろうという
気持ちの強さを感じました。

一方で、
少し無理をしているようにも感じます。

では、
そんなとき、どうしたらいいのか?

そんなとき大事なのは、

怒りを抑えない

ことです!

怒りの感情を抑えようとすると
ストレスになるからですね!

怒りの感情は出した方がいいんです!

とはいえ、相手に対して逆ギレしたり、
怒りの感情をぶつけてしまっては
人間関係が崩れてしまうのでは?
と、心配することでしょう。

そのために怒りを抑えて
悩んでいるのでしょうから。

たしかに、
その気持ちも分かります!

では、
そんなときはどうしたらいいのか?

それを解決するシンプルな方法としては、

心の中で相手に怒りをぶつける

 

ということです!

心の中で、
相手に対して言いたいことを
ぶつけます!

ひどい言葉遣いでも
ののしるような言葉でも
かまいません。

自分の心の中ですから。

これをすると、
意外とスッキリして、
落ち着いて考えることが
できるようになります。

これは実は僕が以前、
上司から“パワハラ”を受けていたときに
編み出した方法なのですが、

正直、
これでかなり乗り越えられました!

 

怒りの感情があると、

相手の気持ちになって考えることは難しいです。

 

この方法を相談者さんにお伝えしたところ、

「相手を責めていいんですか?」

と。

どこまでも心優しい方だなと思います。

たしかに、

直接相手を責めたり、
陰で他の人に悪く言ったりするのは
あまりよくないでしょう。

人間関係を崩す可能性が
あるからですね。

しかし、
自分の心の中ならどうでしょう?

自分の中で、
怒りの感情を処理することで
自分の気持ちを立て直すことが可能です!

もちろん、

「人に聴いてもらいたい」

というときもあると思いますので、
信頼できる第三者に相談するのは大事です。

また、不当なことを言われたのなら、
ハッキリと不当だということを相手に
伝えるのは重要なことだと思います。

ともあれ、

怒りの感情は抑え過ぎず、
自分自身を大切にすること!

それが、ストレスをコントロールして

食べ過ぎを防ぎ、

ダイエットを成功させる大切な鍵なのです!

あなたは、
怒りの感情とどのように
向き合っていますか?

 

================

個別相談(30分)を無料でご提供します!

公式LINEアカウントにご登録頂き、

「個別相談希望」

とご返信ください。

詳しいご案内を差し上げます!

【矢口拓宇公式LINEアカウント】

https://lin.ee/c2VYpLr

================

関連記事

  1. ”ストレスで食べ過ぎ”から脱却する方法
  2. テレワークでもたった1つの”あること”を変えてやせる方法
  3. 「やっぱり、野菜から食べたほうがいいんですか?」その①
  4. GW中に食べ過ぎても太らなかった秘訣
  5. 「若い人のスマホ姿勢が気になります!」というご質問
  6. なぜダイエットが続かないのか?
  7. ストレッチは何秒やったらいいですか?
  8. 見本紙が届きました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP